2010年02月15日

水木しげるロードに「妖怪ベンチ」(産経新聞)

 鳥取県境港市の水木しげるロードに面した店舗が、観光客らに休憩してもらう「妖怪ベンチ」の設置を進めている。休む場所が少ないとの声に応えたもので、設置費用は各店舗が自前で負担。それぞれの軒先に据え付け、妖怪の街を散策する観光客に「もてなしの心」を満喫してもらう。

 ベンチは幅1.5メートル、高さ約60センチ、奥行き45センチの3人掛けで、背もたれに描かれたキャラクターは鬼太郎、ねこ娘、ねずみ男の3種類がある。1脚3万5千円で、まず8店舗が市観光協会を通じて計30脚を注文した。

 発注先は同県日南町の町森林組合。市が同町内にヒノキなど9万5千本を植えた約80ヘクタールの「境港市民の山」を持つなど交流が深いこともあり、同町特産のヒノキが材料に使われる。ベンチには、両市町の交流をアピールして「天体の森から妖怪の海へ」と記されている。

 同組合の小竹眞文・総務部会長は「日南町のヒノキは丈夫で長持ち。どれだけ多くの観光客に腰かけてもらっても大丈夫」と話している。

【関連記事】
「こなき爺」で妖怪談議 徳島の愛好家が“鬼太郎”の境港で
美しすぎる妻!?松下奈緒「ゲゲゲ」キャスティング裏側
グッズ・イベント呼び水 逆風の地方 漫画キャラが熱風
妖怪たちも迎春準備 ねこ娘らがすす払い
鬼太郎ら妖怪も歓迎 米子空港で延長滑走路の運用を開始

日弁連会長戦、初の再投票に=法曹人口問題が争点−得票、規定に達せず(時事通信)
日韓外相、北核問題で連携確認(産経新聞)
禁煙守らぬ職場や人に罰金 厚労省が内部で検討(J-CASTニュース)
社民、小沢氏に政倫審出席促す方針(読売新聞)
女流棋士ら講師に「ふれあい将棋教室」 世田谷区(産経新聞)
posted by カジ タダオ at 08:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。